Vol.15 (side A) MAR/1998



登川誠仁 "ハウリング・ウルフ" (OMAGATOKI)
 2枚組ながら税抜き3200円で、なんで安いのかと思ったら半分はMCだった。戦後沖縄で流行った様々な歌を演奏しつつ、これまた大御所である照屋林助と、曲間で解説や思い出話をするという構成。

 やはり聴き物は唄と演奏で、エレキギターとドラムセットを導入したサウンドは、登川&照屋の唄の独特の緩さとあいまって、一聴すると沖縄の音楽だか東南アジアの音楽だか分からないような奇妙な味わいだ。開放性と大味さが絶妙にブレンドした「ペーストパーキンママ」も、ワイルドにして愛らしい。ユーモアや哀愁とともに、こんなアルバムを作ってしまうラディカルさも感じさせて、ブルースを連想させる「ハウリング・ウルフ」というタイトルにも納得。



MARYAM MURSAL "THE JOURNY" (REAL WORLD)
 ワールドミュージックの殿堂・REAL WORLDからの発売された、ソマリアの女性シンガーのアルバム。繊細なコブシ回しより迫力で聴かせるタイプの歌手で、コーラスも含めアクの強い歌声に耳を引かれる。打ち込みが前に出過ぎているサウンドには「デジロック」なんて死語も思い出してしまい、民俗色の強いシンプルな演奏の方に惹かれもしたが、生楽器とデジタルな音の絡め方自体は丁寧だ。緊張感が漂い続けるアルバムの構成もいい。REAL WORLDを主宰するPETER GABRIELもコーラスで参加。



YOU THE ROCK "ROCK THE POINT" (cutting edges)
 ビブラストーンの「HOO! EI! HOO!」のカバーを含む、日本人ラッパーの7曲入りマキシシングル。「HOO! EI! HOO!'98」は生バンドを従えてのハードな演奏だが、ラップよりもバック・トラックの方が気になる僕としては、このシングルのサウンドはやや刺激が足りない。でも、カバーのわりには自己流に巧く消化したラップには好感をもったし、言葉が完全に聞き取れるのも気持ちいい。近田春夫がリミックスした「HOO! EI! HOO!(CHAMP ROAD REMIX)」は、メロウでセンチな印象で、この辺の意表の突き方は彼らしい。ストリート・ペインティングと駄菓子屋感覚が出会ったようなシール付き。



SUN RA "SPACE IS THE PLACE" (IMPULES!)
 2年ほど前にフリージャズのオムニバス「」でタイトル曲を聴いて以来アルバムを探していたのだが、どうも今年初めてCD化されたばかりらしい。なんだったんだ今までの苦労。

 ジャケットのSUN RAはツタンカーメン風コスプレだが、サウンドは太陽神信仰の祭礼音楽のように宇宙志向だ。冒頭から21分もぶちかます「Space is the Place」のインパクトはやはり強烈。恐ろしく複雑にリズムが絡み合い、不意に静かになったかと思えば、管楽器類が雄叫びを上げ、奇声も楽器のひとつとなる。クールネスと混沌が溶け合って、聴く者の神経を麻痺させ、同時に覚醒させる常軌を逸した音世界だ。

 続く「Images」「Discipline」は、一転して美しい曲だが、「Sea of Sounds」では曲名通りの音海へ突入。各楽器が共食いを始めたかのような狂暴さだ。ラストの「Rocket Number Nine」のイントロは、いとうせいこうの89年作「MESS/AGE」で、ヤン富田によってサンプリングされている。無重力の中ですべての音が浮遊しているかのような曲だ。

 オルタナティヴな音楽を求める人には、フリージャズというカテゴライズなど気にせずに、ぜひ聴いて欲しい。このアルバムで展開されるSUN RAの世界は、たぶん3次元的な感覚を超えている。