Vol.7 JUL/1997



THE HAMMONDS "life behind TV" (EPIC)
 矢野顕子がJEFF BOVAと組んだユニットのミニアルバム。

 このアルバムでは、矢野顕子がトリップ・ホップやドラムン・ベースをバックに歌っているのだが、やはり彼女のボーカルとバックの温度差が気になる。しかもその最先端狙いのサウンドも、とりあえず新しいものを並べました、ってな感じでずいぶんと説明的な印象だ。

 ニューヨークに渡って以降の彼女のフュージョン風サウンドもイマイチ好きになれなかったが、このアルバムを聴いていると、やはりあれは彼女の身体から生まれてくる音だったんだと納得させられた。



The SUZUKI "Everybody's in Working Class" (METROTRON)
 The SUZUKIは、ムーンライダーズの鈴木慶一・博文兄弟による名字そのまんまユニット。パブ・ロックをテーマにこれまで2枚のミニアルバムを出し、これが待望のフル・アルバムだ。 少年時代から青春期までのノスタルジックな記憶を、泥臭いロックで歌いあげる私小説的な歌の世界。羽田空港の騒音や高速道路の排気ガス、街に満ちる光化学スモッグ…そんな風景が歌から浮かんでくる。このアルバムでは、少年からやや成長して、プロになる前の学生時代のモラトリアムな空気が漂う曲が増えたようだ。また、フルアルバムで曲が揃うと、照れ隠しの反動で露出癖の兄と、ナイーヴな弟という個性もはっきり見えるのも面白い。

 やや打ち込みの音が安っぽい部分もあるが、地に足が着いたアレンジで歌を聴かせてくれる。8曲目「NIGHT WALKER」のサウンドは、シンプル志向の最近の博文さんらしくなくて、いい意味で驚いた。

 それにしても、僕と20才以上歳が違う男たちの歌なのに、妙に胸にヒリヒリ来るものがある。「これからの事なんてまれでわからない」と歌われる1曲目からして、勘弁してくれ〜と言いつつ繰り返し聞いてしまうのだ。

 歌詞カードには、顔に靴墨を塗って労働者に扮した鈴木兄弟の写真が。キャリアの重さに引きづられない身軽な活動で、これからも僕らを振り回してくれそうだ。



加藤千晶 "ドロップ横丁" (METROTRON)
 以前観た「WARAJI LIVE」で、鉄琴を叩きながら、少し不安定なボーカルで歌う彼女はすごく素敵だった。自分の想いを込めた歌を、ひたむきに歌っている姿がとても魅力的だったのだ。

 その彼女のファースト・アルバムは、すごく不思議な時間感覚が満ちている。少なくても今現在の時間感覚じゃなくて、まるで昭和の30年代とか40年代のような「古き良き時代」の感覚。「ドロップ横丁」というタイトルは言うに及ばず、どこかの家のつけっぱなしテレビから流れ出した歌が、露地裏を歩いていた僕の耳に不意に入ってきたような印象なのだ。

 知久寿焼、関島岳郎、青木孝明といった「その筋」の人々の食指を刺激するゲスト陣も参加している。演奏の大半は彼女自身による打ち込みだが、残念ながらグルーヴはかなり欠けているし、リズムに違和感のある部分もある。

 しかしそれを差し引いても、ゆったりとした素敵な歌の数々がここにはある。素直で美しいメロディーと歌詞の「ライジング・サン」を、僕はつい何度も口ずさんでしまうのだ。



Fishmans "宇宙 日本 世田谷" (POLYDOR)
 淡い痛みを感じさせた傑作アルバム「空中キャンプ」、特異な音世界で聴く者を圧倒したシングル「LONG SEASON」と続いたフィッシュマンズの新作とあって、何が飛び出すかと相当身構えて聴いてしまった。ところが、あまりの穏やかさに、最初は拍子抜け。あらら、と聴き返すうちに…見事このアルバムにハマってしまった。

 それにしても、レゲエから出発して、こんな独自のサウンドへと進化した彼らのオリジナリティーはやはり凄い。音楽を成立させる以前に、ひとつひとつの音に解体してから組み立てたかのような音世界だ。その世界は、地平線の向こうまで広がっているかのようだ。

 シンプルながら、様々なイメージを含んだ佐藤伸治の歌詞もいい。湿気を排除した、乾いた無力感に包まれた歌詞だ。

 彼らの音楽は、他の誰かでは代替不可能。フィッシュマンズ、また凄いことになってしまった。



SQUAREPUSHER "HARD NORMAL DADDY" (WARP)
 ドット描きしたようなジャケットしたからしてエキセントリックだが、音の方もかなり特殊だ。ベースも自身で弾くテクノ・アーティストの2作目。ジャズやフュージョンっぽいニュアンスが随所にあって、これはこれで新鮮。しかも、これまたドット描きしたようなブヨブヨした音や、脱臼したようなドラムン・ベースなど、かなり個性的なシロモノだ。

 テクノの連中って、みんな本当にいろんなことやってるもんだ。